読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第7話「神殿の姫君」

ソレイユに不時着した小型機から飛び降りてベルはこの国で一番大きな建物を目指して走った。雪よりも白く今にも雲に届きそうなほど大きな建物は神のいる神殿だといわれている。そこにアージェントもいるだろうと確信していた。なぜなら、彼は大神直属の軍の隊長なのだから。
間近で見ると神殿はより白く輝いて見えた。入り口には翼がある二人の兵士が長槍を持って立っていた。ソレイユの人間は皆、翼を持っているのだ。ベルにとってソレイユの人間を見るのは三年前アージェントを見たとき以来だったので、ぎょっとしたがすぐに向き直し、早足で扉を開けようとした。
「おい、神殿に何の用だ」
兵士が槍で道を阻んで尋ねた。
「アージェント公爵様にお会いしたい。どうか通してくれないか。時間がないんだ」
「一般の者の話を聞けるほどアージェント様のお暇はない。後日、許可証をもらってから出直してくれまいか」
ベルは苛立った。のろのろと何日も時間をかけていては意味がないのだ。こうしている内にもフルール滅亡の危機は迫っているのかもしれない。
「時間がないといっているだろう!」
もう一言怒鳴ろうとしたとき、鈴のような声がした。
「おやめなさい」

扉から出てきたのは明るいブルーのドレスをきた小柄な女性だった。透き通るような白い肌にほんのりピンクに染まった頬、金色の長く波打った髪にシルバーの小さなティアラをつけている。絹のように滑らかな翼をしたがえて、どこからどうみても一般人ではないことが分かった。何より、可愛らしいという言葉はこの人のためにあるようにベルは感じた。
兵士は声を聞くと慌てて片膝をついた。
「これは、アルメリア様、わざわざこのような場所にいらしていただき誠に恐縮でございます」
「いいのよ、顔を上げてちょうだい」
アルメリアは兵士に言うとベルに目を向けてにっこり笑った。
「あなたはもしかしてフルールのお方かしら?」
ベルはいきなりの問いかけにたじろいだが、頷いて返事をした。アルメリアはあからさまに嬉しそうな顔をしてから少し慌てて言った。
「ああ、先に名乗らないと失礼ですわね。わたくしはソレイユ王の娘、アルメリアと申しますわ」
それを聞いてベルは心臓がとびでるかというほど驚いた。そして慌てて片膝をついて頭を下げた。
「知らなかったご無礼をどうかお許しください。私はフルール国王軍騎士のベルジュメルと申します」
「やっぱり!あなたがフルールの騎士ね!わたくしの目に狂いはなかったのだわ。どうぞお入りになって」
兵士がオロオロと戸惑っていたがアルメリアに言われるまま神殿の中に入った。

***

アージェントは例の作戦を進める手順のため忙しく動き回っていた。神殿の中の部下たちもせわしなく働いていたため、自分でフルールの様子を見に行くために外むかった。
すると、入り口へ続く廊下に、アージェントが幼いころから知っている、ソレイユ国王の一人娘、アルメリア姫の姿があった。姫は神殿の奥からでることを基本的に良しとされてはおらず、入り口付近にいることはとても珍しかった。
「姫、このような場所で何をなさっているのです」
アルメリアは振り向くと花が咲いたようにふんわり笑って言った。
「あら、アージェントの所へ今から行こうと思っていましたわ。お客様がいらっしゃったの」
アルメリアの後に立っていたのは三年前にフルールで見た見習いの女騎士のひとりだった。
「アージェント公爵様、お久しぶりでございます。私はフルール軍騎士のベルジュメルと申します。以前お会いしたことがあるのですが、その時はまだ訓練生でしたので」
ベルは丁寧にお辞儀をして挨拶をした。
「フルールの騎士の話をアージェントが前にしてくれたことがあったでしょう?その話のイメージとぴったりの人が入り口にいるのをテラスから見つけましたの。すぐわかりましたわ」
「そんなことなら人を使わせばよろしかったのに」
アージェントは片眉を下げて笑う。馬鹿にするのとは違う、慈しむような笑顔だった。
「どうしてもお会いしてみたかったの。今を逃すととても忙しくて会うのが困難になるかもしれないでしょう?ふふ、アージェントはよくフルールのお話をするのよ」
アルメリアはベルの方をみると口に手をあてて最後の一言を耳打ちした。エメラルドグリーンの瞳を細めてくすくす笑う姫はとても愛らしく、女のベルでも頬を染めてしまうほど可愛らしかった。
「ベルジュメルと言ったな。覚えているよ。ちょうど私も君に会いに行こうと思っていたんだ。話ならあちらの部屋で聞こう。先に入っててくれ。私は姫を奥間までお連れしてから行く」
「わたくしなら一人で大丈夫ですわ」
「そういうわけにもいきません。あなたは目を離すとどこへ行くか」
「ベルジュメル、ごめんなさい少し待ってていただける?この人一度言い出すと聞かないの。お部屋にお茶をお持ちするよう言っておきますわ」
「ご丁寧にありがとうございます」
ベルはお辞儀をして、指定された部屋に入った。